やまんちの徒然草

やまんちの出来事を綴ります。 メインはぺりとの卓球ネタです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

進む道

うどんの国には強豪私立中学はありません。
っていうか、私立中学自体殆どないのですが(笑)。
進学の為の私立中学しかありません。

なので、近年は全国に通用する小学生はキビ団子の国の中学とか関西の私立などに進学するケースが増えています。
主に女の子ですけどね。

最近こればっかりなのですが、中学で指導者に恵まれることは・・・稀です。
まぁ、公立なので仕方が無いことですよね。
優れた指導者のいるクラブチームが少ない我が県で、どうやって強くなるか。
その方法の一つが『私立高校に練習に行く』です。
将来その学校へ進学します、という約束と引き換えに。

強くなってある程度名を残せば大学進学も大丈夫だろうし。
社会人チームや道具メーカーに就職できるかも知れない。

人生の選択ってとても大変だし、それが正解かどうかって、その時にならなきゃわかんない。

幸い?ぺりはそんなに強くない・・・っていうか、強い部類に入らないので、そんな心配無用(笑)。
普通に(ちょっと部活よりな)中学生活して、高校進学して。
その中で少しでも強くなるために練習してくれればいいな、と思っています。

卓球が弱い子供の親のやっかみかなぁ・・・(笑)
まぁ、卓球ブログ書いてるような人(ないしその人の子供)の中では最弱の部類、っていうのは間違いないしな。
『え!ブログ書いててこの程度?』みたいな(自爆)。

最後は愚痴みたいになっちゃいましたけど、違いますよ。
人生の選択をさされた子供達を見て、もしくは決断した親御さん達を見て、大変やなぁ・・・って思っています。

現時点で全国に通用する子供だったら迷うことなく決断することもできるんでしょうが・・・。
スポンサーサイト

| 卓球 | 08:44 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

なんやぁ~ ぺり父らしくないなぁ~
男の子の価値は、将来「なんぼかせぐか」やっ!
ええ嫁(いろんな意味でw)もろて、子供ができて
今の、ぺり父みたいに ひもじい思いせずに暮らせたら
それだけで、ええやん!

ペリ父の息子や!
きっと、すばらしい大人になるでっ!!
当たり前やぁ~

あ! それっぽいアクションの時は、空気読める人間にならんとんといかんな・・・

| のんちゃん | 2009/07/09 18:08 | URL | ≫ EDIT

卓球に人生をかける生き方は確かにスゴいです

ただ普通は勉強に追われながらも、少ない時間を卓球に費やしてなんとか強くなろうとするものですよね

どちらがいいとかじゃなくてどれだけ精一杯頑張れるかのほうが大切だと思います

ちなみに僕もこんな弱いのにブログ書いていいものかといつも悩んでますよ(笑)

| あくえり | 2009/07/09 18:31 | URL |

参考になります♪

まだ、1歳半ですが、どう歩んでいくのかな~

沖縄は文武両道の割合が全国一だそうですが、
文武両道が当たり前のような雰囲気があります。
本当にそれでいいのでしょうか?

私自身は、文武両道でなくてもいいと思っています。
一番大事なのは、本人が何をしたいのか?
それを最大限にバックアップできるように
サポートしていけたらと思います。

ぺりかん父さんの息子さんに対する姿勢は、
将来の参考になっています。
がんばってくださいね~
陰ながらですが、応援してますよ♪

| まぁくん | 2009/07/09 21:44 | URL | ≫ EDIT

こちらには「はじめまして」ですね。
ブログに訪問ありがとうございます。
卓球のことをまったく知らない私が、こちらにカキコしていいのかどうか迷ったのですが、ご挨拶がてら。

娘の中学は荒れ放題の手に負えない学校でした。
まともに中学生活を送りたい子供はまず私立または県立中学を受験します。娘は・・・県立に落ちて現市立中学へ。^^;
負けず嫌いの性格が先輩や顧問に認められてキャプテンを任され、悩みながらも部員全員に体当たりでぶつかる日々。
いつの間にか礼儀知らずの弱小チームが、学校で一番練習熱心なまとまりのあるチームになりました。
最初から強いチームに入ってたら、こういう経験は出来なかったでしょうね。
受験失敗で流した涙のおかげで、娘はそれ以上の大切なものを手に入れたようです。
高校は将来の夢に近い学校を基準に自分で選びました。
卓球は今後、やる気があればどんな形でも出来るからと。
親は助言や援助はできますが、最後に決めるのは本人!
子供たちを信じましょうよ。
失敗したっていいんです。
回り道をすれば、それだけ世界が広がりますから。
きっとぺりかん父さんの子供さんなら、自分にとってベストな道を選ばれると思いますよ。





| chii | 2009/07/09 23:48 | URL |

僕ととても似ていますね~

詳しくは自分のにも書きますが、簡潔に言えばぺりくん=僕、指導者=部員のレベルとモチベーション、他の学校へ練習しに行く=クラブなどに行く

みたいな感じです。ちなみに僕は「他の学校へ練習に行く」方を選びます。

| キョン | 2009/07/10 11:43 | URL | ≫ EDIT

ぺり中の顧問さんは未経験者ですが、熱心です。
前にも触れましたが、感謝しています。
ぺり中も・・残念ながら全員ではありませんが、
Aチーム(団体レギュラー)の殆どと2年生の殆どは目標を持って・・・
あたしが期待する程ではないですが(笑)、それなり?に頑張っています。

はっきり書いてないので申し訳なかったですが、『私立高校へ入学と引き換えに練習に行ってる』のは、ぺりでも、ぺり中のメンバーでもありません。

キョンさんちへ行って、キョンさんの状況を読ませて頂きますね。

| ぺりかん父 | 2009/07/10 18:16 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://perikanchichi.blog47.fc2.com/tb.php/64-b27ae2ac

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。