やまんちの徒然草

やまんちの出来事を綴ります。 メインはぺりとの卓球ネタです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

首脳会談、本日開催

首脳会談・・・って大袈裟(笑)

ぺりの表粒転向の話し合い?が顧問・副顧問・ぺりで行われるらしいです。

月曜の夜間で嫌気が差したぺり(笑)
『裏粒』を強行に主張するそうです。

あたし予想ですが、『嫌気』の原因の1つは・・・・
『表で打った球の返球を粒で返しても変化がない(少ない)。』
早い話が、『粒でナックルを上手に対処できない』わけですな。

『下回転』か『上回転』でバックに返った球を『プッシュ系(サイド・カット含む)』や『ブロック系』での返球からの得点パターンが現在の戦術。
現在ぺりは『バックへのロングナックル』対処方法は限られてる。←ヘタクソ(笑)
その球の回転は操作できない。なのでコースを突けないとダメ。
ところが、表で打った球の返球は・・・回転が弱いことが多い。
すると、対処不能ていうか、攻めれないというか、組み立てできない。

まぁ、練習で克服すればいい(簡単に言えば、ですが)だけであり、組み立ても当然変わってくるのでそれを探せばいい(それが大変なんですが)だけ。
ぶっちゃけ、『リスタート』する気持ちの余裕が無いんですね。

多分先生もぺりの為を思って転向の話を持ってきてくれたはず。
チームに粒はぺりしかいないんだから、別にぺりを『表粒』にする必要はない。
ぺりの打ち方やスタイルが『表にあっている』と思われたからなんだろうと・・・
実際、素人のあたしから見てもそう感じることがあるくらいですから。

折角の提案なんだから、もうちょっと可能性を探って欲しかったな。

まぁ、ぺりの卓球人生なんだから、ぺりが決めればいいんですけどね。

さて、首脳会談の行方は?
スポンサーサイト

| 卓球 | 08:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://perikanchichi.blog47.fc2.com/tb.php/623-e5d7b783

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。