やまんちの徒然草

やまんちの出来事を綴ります。 メインはぺりとの卓球ネタです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

悩み多き青春?

昨日の3回戦で感じたことがあるようです。

途中リードしていて中盤追いつかれた。
ここで流れを変えようと強引?な戦法をチョイスしたが失敗。
そのまま押し切られるという・・・。

プッシュの左右長短を(ある程度)駆使しても、上位陣からソレで直接点をとるのは難しい。
ココイチバンで流れを変えるのは『フォア裏』での仕掛け(攻撃)だよねと。

というわけで、『フォア裏を磨かなきゃ』と心に決めたらしい。

春先、そういう方向性で練習していたものの、ここに来て『いろんなものの疲れ』だったり『試験前』だったり『父ちゃんの仕事が忙しい』だったり。
『新しい環境』や『片道10kmの通学』や『突如朝練』や『初めての筋トレ』や『精神的なプレッシャー(笑)』
まぁ、疲れが出るころでしょう。
たまの夜間でもそれ以前の基本練習に逆戻り。
ってか、それでお互いバテてしまう(苦笑)。

『フォア裏を磨かなきゃ』は賛成です。
しかし、方向性?に若干のズレが。

ぺりの言うフォア裏は『仕掛け』的な発想。
それ自体は間違っていないと思うのですが、ちょっと違う。

あたしが思うに粒である程度のチャンスは作れる。←ココはココで問題アリ。
プッシュであれば懐に深いの・両隅・回転かけてサイド切るなど。
ブロックでおびき寄せたり、ブチ切ってミスをさせたり。
そうやって作ったチャンスをフォア裏で決める。
拙いながらもそういった形がそれなりに出来てきました。
いかんせん、その『フォア裏の確率』が低い(苦笑)。
多分『焦り』が主な原因。できるだけ『ライジング』で打つのはいいんですが、結果焦って打って自爆。
前や横に踏み込んで体制流れて薙ぐようなスイングでネットにオーバー。
カウンターも力が入りすぎて・・・・。

そういう意味で『フォア裏』を磨いて決定率を上げて欲しい。

ぺりの理屈はちょっと違って
1.中学の時みたいにプッシュやブロックがあまり通用しない。
2.繋がれた球も打てるような球やコースぢゃない。
なので、『点を取るための布石』として『フォア裏』で攻めたい・・・らしい。

プッシュについては、以前より『やや入れに行く』傾向が。
まぁ、低く長い球(出来ればナックル)で打つと確率が悪いので、『まずは入れろ』と言われてるらしい。
間違いではないと思うんですが、あたしの考えは『理想の弾道・コースを狙って、それを入るように練習すればいい』のですが、どうやら『まず入れてから威力を出すようにすればいい』という指導なわけですね。

更にそうそう簡単にいい球を打たせて貰える球も来ない。

ブロックが正にそう。抑えきれない球だったりコースだったりしてミスを誘われる。
相変わらず・・内緒・・・は殆ど抑えられない。

結果、『フォア裏』ということ。
それだったら『裏/裏にしたら?』という言葉を飲み込んだ大人なぺり父(笑)

夕べあたしの考えを説明しました。
こういう時でないと素直に聞いてくれないからね。

夕べも『副顧問の先生にこんなん言われて、納得した。』
話を聞くと『ここんとこアタシが何回か言ってることやん』なんです。
やっぱり調子の良くない時に親のアドバイスなんか聞く耳もたねぇすから。
夕べみたいに『聞ける状態』の時にしっかり伝えなきゃ。

でも、本人が悩んで出したものだから『父ちゃんはこう思うけど、折角やから思うように練習してみ』と締めました。
本人がやりたい事の基本は、あたしがやって欲しい練習と変わらない。
多分その練習により、結果として『決定打の確率上昇』にも繋がるし、『どんなシチュエーションからも攻める』卓球にも繋がると思うし。

何より例えそれが回り道であったとしても、流した汗はいつか血になり肉になると思ってますから。
スポンサーサイト

| 卓球 | 08:30 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

初のインハイ予選、お疲れさまでした!

大会の敗退でぺりくんも思うところがあるようですね^^
それだけ初の本気高校生の大会はインパクトが強かったのだと思います。
みかんの国では強豪で鳴らしたI川中OBの選手達が初の県高校で負けまくりました。
余程強いルーキー以外は、はじめの県大会で先輩達から洗礼を浴びます。中三のときジュニアでランクに入った選手辺りでもけっこう負けます。
そして、この敗戦を糧にしたルーキーが冬の新人戦、一年後の県あたりから飛躍していきます。
そんな選手達を沢山見てきました。

ちなみに高専大会はルーキーが勝ちまくります(笑)

ぺりくんの成長に期待しています!

| シーザー@WRM | 2011/06/07 19:57 | URL | ≫ EDIT

nobiのおもうところ

少しきついことを言いますね。
もしあれなら削除でもいいです。
粒を極めていないのに裏フォアとは…と考えてください。
つぶで返されるブロックやプッシュは粒を使っていないのに等しいです。
もちろん緩急とかをつけるのはもちろんですが、うちの知日にさせているように粒でもドライブが打てます。
もっと粒のバリエーションができてからでもいいのでは?
ブレークアウトをしたものが上に行く!
それならば暗てして入れていくことを望むことはいつまでたっても粒が強くなれない卓球界のまんまじゃないですか…
なら、粒で世界一になるべく粒で強打!粒で軽打!と、自分でコントロールできるぐらいになればいいのではないでしょうか?
若者はえてして小手先の派手な技ばっかりに目が行きますが、基本的な積み重ねの中でのブレークアウトが必要な気がしますが…
楽なほうに行くのは簡単です。あえてブレークアウトを…

あー気に入らなければ消してくださいね!

| nobi | 2011/06/08 01:48 | URL |

シーザーさん

やはり標準以上?の高校生は回転やスピード他、あらゆるところで今までとは違うようです。

更なる高みを目指さないといけないのですが、いろいろあって(笑)

nobiさんのコメントもありますので、今日の議題?にさせていただきます。

| ぺりかん父 | 2011/06/08 07:52 | URL |

nobiさん

私的には、nobiさんのおっしゃることはよく理解します。

ところが・・・・それ以上は今日の議題で(笑)。

| ぺりかん父 | 2011/06/08 07:53 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/06/14 07:28 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://perikanchichi.blog47.fc2.com/tb.php/601-6f450067

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。