やまんちの徒然草

やまんちの出来事を綴ります。 メインはぺりとの卓球ネタです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

事実だけを淡々と・・・

今朝の新聞記事を読んで、数日前の記事を思い出しました。


今朝の新聞 -出典:msn産経ニュース-

一昨年3月の東京電力福島第1原発事故で、原子炉建屋の爆発直後に住民の救出や避難誘導に当たった福島県警の警察官は、68%が死の恐怖を感じ、41%は任務の放棄も考えたことが7日、小林良樹慶応大教授(社会安全政策)の調査で分かった。
 任務放棄の気持ちが生じたのは、ほとんどが自分や家族の安全を心配したことが理由。ただ実際に現場を離れた人はおらず、「任務を継続できたのはなぜか」の問い(複数回答)には、92%が「仲間との連帯感があった」、85%が「使命感や誇り」と答えた。


コメントは控えますが、頭の下がる思いです。


一方、ちょっと前の記事 -出典:msn産経ニュース- 

 総務省は5日、今年度末で定年退職する地方自治体職員が退職手当引き下げ前に自分の都合で辞めてしまう「駆け込み退職」の実態調査結果(3月1日時点)を発表した。公立学校教職員949人、警察官567人を含めた計1880人(84自治体)が、早期退職したことが分かった。


・・・・。


さらに記事の続き -出典:msn産経ニュース-

 駆け込み退職者が目立つのは愛知県で、全体の4分の1の510人。京都府は748人ののうち466人と全体の退職者の6割が退職金の減額を避けようとした。兵庫県も341人が早期退職した。


・・・・。

事実のみを2つ並べてみました。
意見は書いてません。
ので、コメントも受け付けていません。
スポンサーサイト

| 雑談 | 08:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。